« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

●2007年1月 アーカイブ

◇今年は本当に暖冬だなあ

左のリンクのとこにphotoを追加しました。
多分大半の方が「俺はギャル絵みにきてんだよ写真なんて見ネーよ!」と思われるのでー。
京都行ったり梅田いったりしてたので暇な方はドゾ。

例大祭カット
今年も例大祭の申し込みの季節がやってまいりました、五月半ばかー。
当選すればメガネ本。
誰かメガネかけさせたいキャラが居たら何らかの手段で僕に伝わるとわっふるわっふる。

ついでにコミトレで出したペーパー。
けーねはほんとに可愛いな
前日とよしまさんの結婚二次会パーティーで上京したりしてひろしはうすにて突貫で作ったので正直逃げ隠れしたい出来だったりしますがごにょごにょ。

投稿者: kai date:

◇コミトレ9予定

週末のコミトレ9に出ます、けど新刊は流石に無いです。
場所はQ-23b。
コミケから二十日で新刊は無理じゃよ~。
みなさんはほんとSUGE-と思う。

ペーパーを出来れば置きたいと思ってます。
期待しないでふらっと寄って呉れると嬉しいです。
めがーねめがーねな本を出そうとあがいたけど無理だったよ…

投稿者: kai date:

◇K10D買いました

手水場
PENTAXのデジ1、K10D買いました。レンズはとりあえずTAMRONの18-200mm。
朝起きると空がきれいだったので土曜日にめいほうへスノボに行って追突されたりで首痛かったのですがちゃりんこで近所の吉志部神社へ。いいよいいよー!
撮ってて楽しいね!
なるほどコンデジとは全然用途が違うわけだ……
境内へ続く階段

投稿者: kai date:

◇雪山に行ってきました

今度は十人戦争だ!ということで
ひろし、彦二、ヴ潤、宮蔵、涼ちゃん、じんさん、JEM、ひちさと、ここのえ、そして俺。
こんだけの面子が集まると平穏無事に済む訳が無い。

夜行バスに乗りJEM君と合流。
関東バス組も無事バスに乗り込んだのも確認しつつ朝を待つ。
五時到着予定がなかなか到着しない。
そして明らかに目的地じゃない川原に停止。
……道に迷っていらっしゃる?

新大阪から高速にストレートで乗れない時点で不安に思ったんだ!
そして彦二から入電。

『待合室が「今年から」閉鎖している!凍えそうだ!』

は、早く到着して……
結局二時間ほどの遅延の末到着、合流を喜ぶバス組。
テンションあがってきた!

そしてホテルでに先送した荷物で準備をすることに。

『なんか俺の板とかだけ着てないみたい』
彦二は言った。

運送会社には受けがあるということでホテルには到着しているが荷物が無い。
冷たい汗が背中を流れる。

テンションさがってきた!

他の合流の事もあるのでとりあえず先にゲレンデに向かう残り面子。
隣のゲレンデまでリフト券を引き換えに行ってもらってる間に
全くの初心者のひろしへ板の装着とかリーシュコードとか適当に教えてからスクールに送り出す。
強くなって帰って来いよ……

そして彦二から入電
『やっぱり見つからないみたい…』
ヤツの板は水銀号という黒銀のイカしたヤツ。
先シーズンではその余りの鋭さが僕の指先を傷つけたほどだった。
可愛い子に下手にかかわるとヤケドするゼ?の典型ナほどだった。

とりあえずレンタルですごすことになった彦ちゃん。
グローブに至ってはホテルの人の私物だった。

全員合流して比較的人の居なさそうな青木湖ゲレンデを目指す。
しかしたどり着くには二つの選択肢が有った。
上級コースかリフトで降りるか。

せっかくだから俺は!
先シーズン来たときはかろうじて僕でも切り抜けることが出来る位だった。
道が細いだけでさほどでもなかったからだ。

有志をつのって突入。

『きゃー 宮蔵さんが林におちたー!』
『メディーック!』
かろうじて這い上がってくる宮蔵、男の意地。
続いて彦二も落ちてくる。
雪が柔らかすぎて上に乗ると雪崩状に崩れるよ!
宮蔵救出の巻
『きゃー 宮蔵さんがまたおちたー!!』
『俺が縄代わりになる!つかまるんだ!』
ひち山、じん、JEM、宮蔵
人間チェーンの完成である。

途中えどさん、遠藤さんが日を合わせて同じゲレンデに来たので一瞬だけ合流。
メットかぶって飛ぶ気満々なえどさんでしたがジャンプ台はどこも閉鎖されていましたとさ。

青木湖村営食堂のモツ定食
昼飯は青木湖村営食堂のモツ定食、コレに決めていた。
『しかしこれはどこまでいってもモツだな』
『うん、このリンゴジュースは正解だった、肉づくしの中ですっごく爽やかな存在だ』

吹雪いてるだけあって雪は新雪状態、こけても全然痛くなく滑っていて気持ちよかった。視界が悪すぎるのが玉に瑕でしたとさ。

晩飯はバイキング形式、肉をリアルタイムで焼いているおっちゃんが居た。
肉と言えばこのひとここのえさんががばがばバキュームカーの様に肉を食らう。
おっちゃんはそのうち何も言わず一皿に二人前乗せてくれるように……
旨かった、旨かったんだ。
バイキングとは思えないくらい。

風呂に入ってぐだぐだになってぐだぐだの話をして寝た。
エネマグラとかそのへんが話題だったことは覚えている。

ホテルの人がビール十本持ってきた、呑み切れるのかコレ?

二日目、水銀号はやっぱりみつからなかった。
一応弁償とかアレコレ話はついた、哀れ彦ちゃん。

一日目にもまして吹雪、雹のも降る。
ゴーグルからツララが垂れ下がる寒さ、顔が痛い。
それでもすべり出すとド新雪のコースにはまりこみ埋まってしまう我々。
速度がつく前に埋まっちゃうんだよね。

そんなこんなで一日中天気は悪かったが雪山堪能。
夜はまた肉とか温泉とか。

子供が居ると必ず笑わせに行く彦二は子供好きという一般的言葉でくくっていいのかどうか常に迷う。
そしてひろしの目は怪しく光っていた、多くは言うまい。
きっとたかみ兄さんなら分かってくれる。

ビールのみつつアレな話。
印象的な体位とか話してた、あとはナイショ。
ちょっとだけいうと彦二が苺ましまろをレイプしつくす話とか。
ビールは残り四本になっていた。

JEM君が九人揉みを達成していた。
ひろしと彦二はマッサージしてもらうとき怪しい声をあげるのを我慢しようよ?

三日目
起きるとリタイヤ組が過半数を占めていた。
温泉を堪能して帰ろうということに。
レンタル板を返しに行ってる間朝っぱらから温泉。
人も少なく雪見風呂はたまらぬものであった。
部屋に戻って残りのビールでも開けるかとわくわくしながら部屋に戻った。
しかし冷蔵庫は空JEM君が昨晩残り四本呑んでた、しかも記憶なし。

そして信濃大町で蕎麦を食べて松本へ。
予定より早く移動したので二時間くらい時間がある。
よし、松本城へ行こう!

神社前の通りで鯛焼きとかせんべいとか食べつつ移動。
神社にわらわら居る鳩の警戒心が薄くて掴めそうでした。
うぐぅっ!たい焼きだもんっ!
松本城のお堀は凍っていた。
鳥が氷の上を滑ったりしていてとてもかわいかった。
到着時点で城内見るのは無理な時間になったので近くの喫茶店でジェラートとか食べて撤収。

関西組のJEM君と僕は特急しなので帰還。
丁度切符も有るし梅田ヨドバシで買い物してるとひろしより入電。

『鍵を荷物に入れて郵送しちまった』
こ、この子はっ!!

最後まですっごくネタづくしだったぞ!
百行オーバーあるのに読んだ人はえらいとおもう。

オマケで長野城のお堀の鴨。
http://www.bedrawbox.org/tmp/MVI_0511.AVI 多分そのうち消します。

投稿者: kai date:

◇寒中見舞い

無理矢理ぱんちらイェイ!

遅くなりましたがコミケお疲れ様でした&ありがとうございました。


そういえば僕は先年祖父が亡くなったので年賀もないもないもんなんだった!
ということで寒中見舞い。
無理矢理です無理矢理
え?ナニガって?ほら…わかるデショ!
私にいわさないでよっ!!

四時間ほどで適当にヤッチャッタものですがお納め下さい(-人-)

ところで身長差本のあの子に似てますが似てますね(?)
パンツ見えてるので冴村作品ワールドの品位のためによく似た別人ということにしておいてください。
ほら 帽子もコートの形も違うジャナイ?

今回ゲットした本の中では夜心シンドローム@水炊きさんオタクとデザインが面白かったです。
どっちも「俺も俺も!」と描きたくなる感じ。
シゲキされますわぁー。
時間があればまた詳細でも。

そしてwebはくすレス
>脱稿お疲れさまです。アイスバーンガリゴリは怖そうですね。そういえば宙まに2巻が出たみたいですよ!?
そらまに2巻買った!
ふ、ふーみん……いや小夜先輩!
僕のドキドキは止まりませんよ!
いや 姫ちゃんの初々しさもいいんですけどね?

投稿者: kai date: