HOME >>雑記 >>週末三都物語

◇週末三都物語

土曜昼西宮北口駅の兵庫県立文化芸術ホールで
blast2:mixを楽しんできした。
「見てきた」「聞いてきた」ではなく「楽しんできた」
凄かったです、音楽とダンスとヴィジュアルのコラボレーション。
これはまさに音楽界のカレイドスターやあ!
チケットはお高くさらに取り辛いらしいですが対価分はありました。

日本公演ということでか唯一の日本人キャストである
バトンの稲垣正司氏がメインをつとめる場面が多かった、
地元サービスだろうなあ、すごい動きでした。
しかし首でバトンって回せるんですね……

フルートのJASON MONCRIEF、彼の動きと肉体美が凄かった、とにかくしなやか。
フルート吹きながらですよ、惚れます。

当てブリなのかはわかりませんがそれでも凄いものでした。

で、夜はあすまどんが大阪に着たので
筧どんとJEM君を交えて四人で
モツ>ジャズバー>あらうま亭
相変わらず龍の巣のホルモンは旨かった。

ジャズバーでは演奏している目の前の席でだらだらしました。
この近距離がバーの良いところですね。
ピアノとボーカルのデュオでした、生音はええのぅ。

でその後あらうま亭でラーメンくって帰宅、食いすぎ決定。
へリパーゼとキャベジンのおかげか次の日に響かなくてケミカルすげー。

日曜日~
昼過ぎ恵比寿に到着し、ここのんにラーメン屋につれていってもらった。
恵比寿のAFURIという店。
柚子塩ラーメン鶏油、焙りチャーシューオプションでつけてジャスト千円を食す。
久々に旨い塩ラーメンを食べました、焙りチャーシューうめぇ!
20060924a.jpg

で、新宿マルイとか高円寺ジークレフでグダグダしたあと初台へ。

状況の目的、宮蔵さんとInnocentGreyのジャズライヴを聴きにきたわけです。

宮蔵さんの人脈パワーで招待席の方に混ぜてもらう。
ありがたやありがたや。
演奏のChange of the moonは普段はジャズのバンドではないとのことでしたが
まーこれが上手いこと。
作曲のまにょっさんもジャズは初めてとのことで勉強されたそうな。
達人は獲物を選ばないというか、面白かった。
エレキウッドベースみたいなものがあるんですねえ、初めて見た。
霜月はるかさんの歌声もまたよかった、生で『恋獄』が聞けたのがよかったなあ。
あの曲すごく好きなので。

で、終了>ダッシュ>新幹線。
日曜日のイベントはこれだからっ。
もうすこしのんびりしたーい。

というわけで音楽漬けっぽい週末、
耳が肥えたようなそんな錯覚の甲斐でしたとさ。

投稿者: kai date: 2006年9月25日 14:00 |  |TOPへ   ▲画面上へ

trackback

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 週末三都物語:

» AFURI (阿夫利 あふり)
送信元 二郎中毒
柚子塩ラーメン●現在の順位はこちら [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2008年10月 6日 22:34